ライズトップ

蹄病処置

私達は獣医師ではありませんので蹄病を治療することはできません。また治療代を頂くこともできません。しかし、削蹄勉強会や蹄病の講習で得た知識や最新の情報と経験をもとに蹄病を適切に処置することは出来ます。蹄底潰瘍や白帯病は遊離した角質を取り除き、真皮に刺激が加わらないようにしてあげる事が大切です。健康蹄で免重出来ない場合はブロックをつけて患部に体重がかからないようにします。そうしてあげることで、牛は自分の力で蹄病を治します。また皮膚病に対しては市販薬を塗布し病状を和らげてあげます。(包帯やブロック、ボンドなどは材料費として実費分を頂いております。)

 

 

 

蹄病写真

fbblogbana
一緒に改善して行きましょう

コンサルタントの先生からこう聞いた事があります。
「蹄病は川下の出来事です。どんなに処置をしても原因となる川上で流れを変えなければいつまでも蹄病はなくならない」と。

削蹄師だからこそ、わかる牛のおかれている環境があります。牛舎の施設(床、ベッド、水槽、換気、暑熱対策)はもちろん、蹄浴の方法など様々な提案ができます。蹄病の原因を探り、一緒に改善して行きましょう。

ケア牛


 

sg 

有限会社ライズ
〒076-0171北海道富良野市布礼別市街地 TEL/FAX 0167-29-2901
メールお問い合せ E-mail rise@happycow.co.jp

メニュー
仲間たち    会社概要     理念        ブログ           部室
削病処置    削蹄料金     使用機材など    フェイスブックページ

Copyright (C) 2015 Rise Inc. All Rights Reserved.